スーパーのアルバイトには部門がある

スーパーは私達にとって最も身近なお店の一つであり、そこでアルバイトをすれば帰りに必要な物を購入して帰宅できるメリットがあります。こうした場所でアルバイトをする場合、どのような仕事があるのでしょうか。

最も有名なのが、レジスターの仕事です。レジはお客様と直に接する仕事ですから、お店のイメージを汚さないためにも接客が好きな人が就職するようにしましょう。スーパーによっては精算作業を全てお客様が行なう場所もありますので、こうした場所であれば違算を出す心配がありません。
他にも鮮魚コーナーで働く場合、ひたすら魚をさばく事になります。こうした仕事は、魚をさばく知識がない人でも就職して一から教わる事ができますので安心しましょう。お客様と関わる事が苦手な人にとって向いているアルバイトです。
近しい仕事としては、青果コーナーの仕事があります。こうした場所では、店頭に出す果物を作るためにひたすらカット作業や梱包作業を行ないます。梱包作業は青果コーナーだけでなく、惣菜コーナーで働いても行なう事になりますので、スーパーの中ではメジャーな仕事の一つと言っても過言ではありません。
他にも品物を出す品出しの仕事は身体を動かす事ができますので、良い運動になるでしょう。お客様に品物の置き場所を訊かれる事もありますので、人と緊密に関われる仕事でもあります。

一口にスーパーの仕事と言っても多種多様な業務がありますから、面接を受ける場合は、自分にとって適正のある部門に応募するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です