スーパーのアルバイトで気を付けたい事

スーパーのアルバイトは、仕事終わりに惣菜を買って帰れる点で便利なアルバイトです。しかし、どんな仕事でも長短両所あるのが現実です。スーパーのお仕事にはどのような問題点があるのでしょうか。

こうしたお店の仕事募集は、青果部門や生鮮部門など部門ごとに人員を募集しているのが一般的ですが、場所が悪ければ就職した後に複数の部門に回されるケースが存在しています。レジや品出し専門で応募したのに鮮魚部門に回されてしまった場合、仕事内容も大きく変わってしまいますから大変です。このような事態を避けたい場合は、面接の段階で部門移動がないか訊いておくと良いでしょう。また、移動そのものでなくとも、人手が足りない時にヘルプで別の部門に回されるケースがないか、確認しておく事も大事ですね。

他にも、スーパーのレジにアルバイトとして就職した場合、最も気を付けたいのが違算の問題です。違算は企業利益の減退に直結しますから、あまりにも間違いが多い場合、職場に居辛くなってしまうものです。緊張しやすい人やお金の計算が苦手な人は、人力でお金を取り出すレジではなく、お客様が自動で精算するタイプのレジが取り入れられているお店で働くようにしましょう。このような場所であれば自らお金に触れる必要がありませんので、違算が出ません。一方そのようなお店ではレジ業務以外の雑事に時間を割く事が増えますので、品出しやラベル貼りなどが好きな人に向いている就職先であると言えます。